底値固めに失敗したビットコイン相場。今後注意すべき点【朝の仮想通貨市況】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

仮想通貨市況

Review

直近安値を割れる

週末のBTC相場は軟調な推移。弱めの米経済指標を受けた上値追いに失敗すると、目立った材料もない中、ずるずると前回安値83.5万円を割り込んだ。米ISM非製造業指数の悪化で上値トライもFTがリブラからPaypalが撤退を検討との報に反落を見せていたBTC相場だが、期待外れとされていたBakkt関連で、現物受渡先物に投資する米ファンドの申請や初めてのブロックトレードなど好材料が続き、若干弱めだった米雇用統計もあり再び上値をトライするも前回高値にも届かず。Paypalからリブラ撤退が伝わるとじりじりと値を下げ始めたが、同協会が1500社以上が興味を示すとして下げ止まると、北朝鮮が米朝協議決裂の報で反発するも米側からの否定発言で反落、徐々に上値を切り下げる動きに寧ろ地合いの悪さを印象付ける形に。前回安値付近で一旦はショートカバーを見せるも、ウクライナ問題で第2の告発者との報もあり、今朝方83万円近辺まで値を下げた。

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。