中国発の買い材料続くビットコイン、まだいけると思う理由【仮想通貨相場】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

仮想通貨市況

Review

中国発ヘッドライン続く

昨日のBTC相場は底堅い展開。1万ドル(約108万円)トライには失敗するも100万円はサポートされている。金曜日から土曜日にかけての急騰後、利食い売りもあり日曜日には96万円台まで反落したが、1ヵ月ぶりに上抜けた200日移動平均線が今度はサポートとなり反転。国家外為管理局(SAFE)がブロックチェーンでのトレードファイナンスに言及、証監会元副会長が四川省政府にマイナーを産業として支援すべきとするなど中国絡みのヘッドラインもあり騰勢を増した。しかし、中国政府系TVが投機を戒めたことや戻り売り圧力で1万ドルトライに失敗すると、EU離脱期限が3か月延期なども有り100万円近くまで反落した。しかし中国招商銀行によるウォレット企業買収、中国のシンクタンクが人民銀行がDCEP(Digital Currency Electronical Payment)を近くローンチすルとした事やBakktが決済アプリ来年ローンチと発表したこともあり下げ止まりを見せている。
 

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。