週末にビットコイン暴騰。今後はどうなる?【仮想通貨相場】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

仮想通貨市況

Review

習近平は本気か

週末のBTC相場は大幅上昇。一時、1日で4割弱の暴騰を見せ、反落後も底堅い値動きを見せている。リブラの事実上の延期や量子コンピューターへの懸念もあって一時80万円を割り込んでいたBTC相場だが、金曜日にイスタンブールのメインネット移行日程が決まったETHがじり高、習主席のブロックチェーンを技術革新の核として推進との発言もあり上昇を始めた。すると相場の重しとなっていた8000ドルストライクが大幅に期日を迎えていたところに米株の上昇などが加わり、先週の急落の半値戻し83-84万円を上抜けるとショートカバーもあり95万円近辺まで急騰。1か月前に割り込んだ200日移動平均線を前に上値を重くするが、中国で暗号方が可決が伝わると移動平均線を上抜け急騰、一時1万ドルを上抜けた。しかし移動平均線のデッドクロスした事や利食い売りに押され100万円を割り込むも、中国のSAFEのブロックチェーン活用もあり100万円を回復している。
 

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。