急落後にしては妙に静かなビットコイン、もう一段あるか?【仮想通貨相場】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

仮想通貨市況

Review

IBM「Googleは大げさ」

昨日のBTC相場は大幅下落後、狭いレンジでの取引。激しい値動きを見せた直後の割には非常に落ち着いた取引となった。8000ドルのストライクの重力圏の上抜けに失敗後、下抜けを試していたBTC相場だったが、リブラに関するザッカーバーグ氏の議会証言を前にNatureによるGoogle開発の量子コンピューターが量子超越性の実証に成功したとの発表をきっかけに急落。次のストライクが集まる7500ドル(約81万円)近辺で下げ止まると、下院公聴会に注目が集まった。6時間に上るマラソン質疑で米国の規制機関が不承認ならFBがリブラ協会から脱退するとした以外は新味に欠ける内容だったが、一時相場は80万円割れを試すもリバウンドを見せた。また、今回の量子超越を快挙とするGoogleに対し、大げさとするIBMの反論なども紹介されると市場は落ち着きを取り戻し、Bakktのオプション開始などもあり急落後にしては落ち着いた展開となっている。
 

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。