ビットコイン相場急落の要因、量子コンピューターは脅威か?【仮想通貨相場】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

仮想通貨市況

Review

量子コンピューター出現??

昨日のBTC相場は大幅下落。8000ドルのストライクの重力圏の上抜けに失敗した相場は、下方向を攻め始めたが、昨日のオプションディーラーの視点でご紹介した通り「ダウンサイドは意外と脆くなってい」た形か。90万円台(8300ドル)水準で上値を重くしたBTC相場だが、議会証言を前にザッカーバーグ氏が米国の規制当局の承認得られるまでは世界中どこでもリブラを開始しないとしたことや米株の下落もあり8000ドル近辺まで値を落としていた。更に香港の林長官更迭検討とFTが報じ、逃亡犯条例も正式に撤回されたこともあり86万円台の下値トライする展開。すると先日報じられていたGoogleの量子コンピューターの量子超越性実証がNatureに正式に発表された事を受けBTCは大きく下落、一時80万円を割り込んだ。6時間に亘るザッカーバーグ氏マラソン公聴会では米国が不承認ならFBがリブラ協会から脱退とコメントした。
 

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。