底堅かった週末のビットコイン、揉み合い継続と予想する理由【仮想通貨相場】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

Review

リブラは認めない?

週末のBTC相場は底堅い推移。8000ドルのオプションのストライクに吸い寄せられるように7900-8100近辺での取引を続けていたが、足元では8300ドル、90万円近辺までの上昇を見せている。8000ドル割れ水準でガンマディールが買いに転じたことも有り8100ドル(約88万円)近辺に値を戻していたBTC相場だが、英EU間の離脱案合意やG20でのリブラへの規制への懸念もあり7900ドル(約85万円)に値を戻していた。注目のG20では異例のプレスリリースでリブラを当面認めない姿勢を明確にされた。しかしXRPのQ3の市場売却額が激減、フィデリティーがテスト段階を終え全機関投資家に仮想通貨サービスを提供するとのFTの報道もあり底堅さを見せると、英議会の離脱案先送りで急騰した。その際は8100ドルで反落したが、香港デモが勢いを増した事も有ってか、今朝方は8300ドル近辺まで上昇、その後反落している。

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。