ビットコイン相場は小反発。更なる上値追いに必要な材料【朝の仮想通貨市況】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

Review

アルト主導の反発

昨日のBTC相場は小反発。前回安値となる83万円台をトライも抜けきれずにいると、アルトコインの上昇もありショートカバー気味に値を戻した。先週末のオプション期日やCMEのSQを終え、ホワイトハウスの対中証券投資制限検討の報に上昇するも、米財務省が中国企業の米上場阻止しないとし、また劉鶴副首相の訪米報道もあり、BTC相場は上値を重くしていた。そうした中、Binanceが上場廃止リストを発表、IEO銘柄も入っていたことも嫌気され前回安値とほぼ同水準となる83.5万円まで値をさげた。しかし、リップル社がアイスランドのAlgrimを買収したことを好感してXRPが上昇、先週のICO自主規制に続き、ICOプラットフォームやSTO団体設立が発表されたETHも続くとBTCも反発を始め90万円台に値を戻した。ロイターがNasdaqが中国企業上場を規制しているとした事、引けにかけて上海株が値を下げた事も影響したか。

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。