8000ドルで膠着のビットコイン、アルトに明るい兆し【仮想通貨相場】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

市況

Review

8000ドルでのガンマディール

昨日のBTC相場は揉み合い推移。アルトコインの上昇もあり底堅さを見せるが、結局8000ドル近辺での小幅な値動きに終始した。88-92万円のレンジを下抜け、オプションのストライクが集まる8000ドル前後に吸い寄せられていたBTC相場だが、8000ドルを割れた水準では今度はオプション絡みの買いが集まり底堅さを見せていた。そうした中、国内交換所がXEMのカタパルト・アップデートに伴うトークンを保有者に付与する方針を発表、XEMが大きく値を上げ、更にリップルネット参加のCIMBがブロックチェーン上でトレードファイナンスを実施したとしたことも好感されたXRPが値を上げるとBTCも連れ高となるが、ハードブレグジット回避に向け英・EUが離脱案で合意、仏財相がFTでリブラは国家主権への脅威とすると上値を重くした。結局、BTC相場は8000ドルより上では売り、下では買い、といった相場展開が続いている。
 

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。