何とか持ちこたえたビットコイン相場、次の展開は?【朝の仮想通貨市況】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

市況

Review

移動平均線突破はダマしだった

週末のBTC相場は高値圏での揉み合い。金曜日に200日移動平均線をブレークするも反落、上値の重さを痛感させたが、週末に大崩れすることもなく、下値の堅さも印象づけた。ETHは証券でないとしたCFTC議長のコメントもあり、金曜日に200日移動平均線を上抜けたBTC相場だが、その後、90万円近辺まで反落。FRBより月600億ドルの短国買い入れが発表されるも、米中貿易協定の部分合意もあり上値を重くすると、VISA・Masterのリブラ協会からの脱退、SECのテレグラムのTON販売一時禁止などもあり90万円を割り込んだ。しかし、ウーバーやリフトなどは残留と報じたことも有り値を戻していたが、BBCがG7のレポートのドラフトとしてリブラ等のステーブルコインを警告すると88万円台まで下落した。しかしメキシコの交換所買収でXRPが上昇、更にグレイスケールが主要仮想通貨に連動する証券の承認を得たことも有り若干値を戻している。

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。