ビットコイン相場、200日移動平均線上抜けを予想する理由【朝の仮想通貨市況】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

仮想通貨市況

Review

移動平均線に上値抑えられる

昨日のBTC相場は高値圏での揉み合い。大きく上昇した後、200日移動平均線に上値を抑えられるが、下値も限定的で底堅さを見せていた。パウエル議長のバランスシート拡大表明やウィグル問題や対中投資制限で米中協議に暗雲が立ち込める中、底堅さを見せていたBTC相場だが、BinanceのCZ氏がP2P交換所でのWechatPayやAlipay決済を可とした事もありETHが上昇するとBTCもつれ高となりショートカバーを巻き込みながら93万円台まで上昇した。しかしSECのBitwise分のETF否認やザッカーバーグCEOの下院証言招致などもあり上値を重くしていると、Alipay、Wechatが相次いでBTC決済の禁止を表明したこともあり89万円に値を下げた。しかしBakktの出来高急増が伝わり、またCFTC新議長がETHは証券でないとしたこともあり再び93万円台に値を戻したが、200日移動平均線に頭を抑えられている。

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。