材料難のビットコイン。SWELL期待でリップル上昇か?【仮想通貨相場】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

仮想通貨市場

Review

材料難で小休止状態

昨日のBTC相場はほぼ横ばいの展開。日中は材料難の中、じりじりと小幅に値を下げ、101万円台まで下落。中国政府はこれまで国家発展改革委員会(NDRC)で廃止検討リストに仮想通貨マイニング産業を含んでいたが、今回、NDRCによる産業改革の最終計画書では廃止リストから撤廃されることとなった。先週の証監会前副主席の四川省でのマイニング事業推進発言を裏付ける形となり、やや強含んで102万円台まで上昇した。国内ではCoincheckが仮想通貨自動積立サービス提供開始とリリースされたが、市場へのインパクトは限定的であった。韓国の取引所「Coinzest」でXRPが90円以上、BCHが8万円以上で取引されたことで、XRP・BCHが強含む場面も見られたが、同社の資金難によってKRW、BTC、ETHなどの出金が禁止され、入出金可能なXRPとBCHに買いが集中した模様。その後は特に材料なく、じり安の展開となり再び102万円を割る展開となっている。
 

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。