反発後のビットコイン相場がすっきりしない理由【仮想通貨相場】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

仮想通貨市況

Review

急騰後は小動き

昨日のBTC相場は朝方上昇、その後下押しするも底堅さを見せる展開。下値水準を96万円台から97万円、98万円、99万円と切り上げている。前週末の中国発の暴騰の半値押しとなる96万円台で2度サポートされたBTC相場は人民銀行の社説など中国発のヘッドラインもあってじりじりと値を上げると昨日の朝方103万円台までショートカバーを見せた。今度は112万円と96万円の半値戻しで上値を抑えられたが、ステラが発行量の半分相当分をバーンするとしXRPなどもつれ高となる中、BTCも再び103万円をトライした。しかしCMEのBTC先物で8500ドルまでのフラッシュクラッシュが発生すると一時100万円を割り込んだ。この結果、前週の急騰時の窓が埋まり先物価格も急反発したためBTC価格も反発を始めたが、人民元高や日本で仮想通貨投信禁止の報道、強めのISM非製造業指数などもあり戻りのペースは鈍い。
 

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。