ビットコインは底値を固めたか?朝方の急騰と今後の展開【仮想通貨相場】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

仮想通貨市況

Review

底値を固めたか

週末のBTC相場は底値を固める展開。96万円台から97万円、98万円と底値を切り上げると、今朝方、今月に入ってからの高値101万円台を上抜け103万円台までのショートカバーを見せた。米利下げの打ち止め感やBCHの反落もあり96万円台を付けた後、101万円台に反発していたBTC相場だが、金曜朝方のDeribitのミスプライス騒動で軟調に推移。しかし国内交換所のステラ取扱開始もあり97万円台で下げ止まると、BitMEXの情報漏洩騒ぎや強めの雇用統計と弱めのISMなどもあり乱高下を見せるが、中国で仮想通貨交換所が合法化の噂もあり上昇に転じた。解禁は誤報との情報が出回った事もあり101万円台で上値を重くすると、再び下値をトライ。しかし人民日報が社説でブロックチェーンを取り上げた事などもあり98万円で下げ止まると、ロジャー・バー氏のBCHエアドロップもあり値を戻し、今朝方101万円を突破、103万円台までの急騰を見せている。
 

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。