下値を切り下げるビットコイン、96万円を死守できるか?【仮想通貨相場】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

仮想通貨市況

Review

96万円台でサポート

昨日のBTC相場は上値の重い展開。下値を切り下げているが、96万円台でサポートされるとショートカバーを引き起こすなど底堅さも見せている。先週の80万円から112万円まで急騰後、半値押しとなる96万円台までの反落を見せていたBTC相場だが、中国系コインの堅調さもあり反発するも、当局から投機を戒める発言もあり上値を重くしていた。足元でも103万円台で3度跳ね返されると、下値の目途を探る展開となった。弱めの米GDPや3回連続となった米利下げもあり97万円台でサポートされたが、次回見送りが示唆され、また日銀も追加緩和を見送った事もあり再び上値を重くした。するとウー・ジハンの返り咲きとIPO申請で堅調だったBCHが値を崩すとBTCも連れ安、96万円台まで下落したが、前回安値・半値押し・9000ドル・200日移動平均線と強烈なサポートに跳ね返されると101万円までショートカバー。朝方はDeribitのミスプライス騒動もあり反落している。
 

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。