底割れしたビットコイン、次の防衛ラインは8000ドルか【仮想通貨相場】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

仮想通貨市況

Review

ドル安・金利低下・金価格・株上昇でもBTC売り

昨日のBTC相場は軟調な展開。91万円のサポートを割り込むと87万円台まで急落した。香港情勢が再び不安定化する中、週末に91万円台で2回サポートされ反発を見せていたBTC相場だが、94万円を前に上値を重くするとじりじりと値を下げる展開。しかし日経ヴェリタスに「仮想通貨「億り人」の熱狂、規制と株高で冷める」と強まる規制強化や株高で個人投資家が手を引いていると報じるなど重々しい雰囲気のまま92万円近辺での取引が続くと、中国国営TVが仮想通貨を非合法的融資手段・未登録証券・金融詐欺・マルチ商法と非難したと伝わったこともあり91万円のサポートを割り込み87万円台、米ドルで8000ドル近辺まで急落した。CNBC記者が米中協議難航を予想しドル安・金利低下・金価格上昇、一方で米株は史上最高値を更新する中、BTCの弱さが際立った。朝方はSECが非承認としたBitwise分のETFを再調査するとされたこともあり若干値を戻している。
 

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。