ビットコイン9000ドル乗せで達成感。乱高下の背景は?【朝の仮想通貨市況】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

Review

9000ドルで達成感

昨日のBTC相場は急騰後の反落する荒っぽい値動きとなった。LTCの上昇や国内交換業者のレバレッジ比率引き下げもあり100万円トライするも反落した後は、95万年近辺での揉み合い推移を続けていたBTC相場だが、昨日は中国からの資本逃避の再燃が注目される中、人民元高方向に若干値を戻したことや藤巻氏の質問に麻生大臣がETFに慎重な姿勢を見せた事などもあり上値を重く推移、FBIが北朝鮮を名指しでハッキングを行っているとした事やForbesによる大富豪のBTC買い意欲など硬軟材料が交錯する中、決め手に欠ける値動きが続いていた。しかし、FRBクラリダ副議長が利下げの可能性を示唆した事もあり米債金利が急落すると、BTCは逃避買い的に急騰、100万円には達しなかったが、米ドルで9000ドルに到達。この水準で到達感が出たか、その後反落すると、昨日急騰したBSVはBCHの下落もありロングの投げが殺到、87万円台まで値を下げている。

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。