BSV・ビットコインキャッシュ急騰の背景【朝の仮想通貨市況】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

Review

フェイクニュース?

昨日のBTC相場は上値の重い展開。しかし、下がったところから切り返すなど底堅さも見せ、下に行って来いの展開となった。国内交換業者のレバレッジ比率引き下げや循環物色への一巡感もあり手がかり難の中、利食い圧力に押されてかじりじりと値を下げる展開。前日の安値となる93万円を割り込むと92万円近辺まで下げた。しかし、日本株の下落や米国債金利の低下、更には欧州の混迷などリスクオフ的な動きが強まる中、逃避アセットであるBTCも下げ止まると、Binanceが米進出を仄めかした事などもあり反発を始めた。国内大手交換所が板形式取引での自己売買を公表、様々な意見が飛び交ったが、不正取引は無いとしたこともあってか、相場に与える影響は限定的だった。その後、クレイグライト氏がナカモトサトシのウォレットからBTCを動かしたとの報道が出てBSVが急騰、BCHやBTCも連れ高となったが、後に記事は捏造だったと判明している。

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。