100万円手前で足踏み。ビットコイン、今後どうなる?【朝の仮想通貨市況】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

Review

急騰後、高値圏でもみ合う

昨日のBTC相場は大幅上昇。レジスタンスだった90万円を抜けて急騰、100万円トライは失敗するも、95万円近辺の高値圏での揉み合い推移となった。90万円近辺で上値を重くしていたBTC相場だが、8月の半減期を意識したLTCの上昇もあってか、日本時間の早朝にこの水準を上抜けるとショートカバーを巻き込んで95万円近くまで急騰。本邦勢が加わると更に上値を伺い97.5万円近辺まで値を上げるも95万円へ反落した。折しも国内最大の証拠金業者のレバレッジ倍率と証拠金維持率引き下げを控え、ショートポジションの買戻しが出た格好か。一方、米中貿易戦争激化に伴う人民元安がBTCの逃避買い誘発したとの見方もある中、当局が基準値を元高方向に誘導したこともBTCの上値を重くしたか。その後、95万円近辺での底堅さを確認すると再度高値をトライするも証拠金業者のメンテ前にごく短期のロングの手仕舞いもあり95万円近辺での揉み合いが続いている。

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。

※記事一部修正しました