タイ大手SCBがXRPを利用した送金検討?Kbankも追随か【朝の仮想通貨市況】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

Review

82.5万円近辺がサポート

昨日のBTC相場は下に行って来いの展開。値幅は出ているが、上値は重く、下値も堅い、やや方向感のない展開。自称サトシのクレイグ氏の著作権問題は米著作権庁の異例のコメントで幕を閉じた事を受け、BTC相場は上伸するも89万円台に届かず。上値の重さを確認すると、オランダ当局がミキシングサイトを検挙した事もあり急落、83万円台を付ける。CNBCでモルガンクリークのCEOがBTCがリスク逃避資産として優れているとしたこともあり一旦は下げ止まるも、BinanceのCZ氏が大手VCセコイアを訴えた事も嫌気されたか82万円台まで値を下げた。しかしタイ大手のサイアムコマーシャル銀行がxCurrentだけでなくXRPの送金利用について追加アナウンスを待って欲しいとした事もありXRPが下げ止まり、IEO権利判定期間中のBinanceコインも反発を始めるとBTCも反発、87万円までの反発を見せている。

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。