まるでひとり相撲。ETF否認懸念で下げ、延期で戻す。【朝の仮想通貨市況】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

Review

ETF否認懸念、延期で戻す

昨日のBTC相場は上値トライに失敗、反落するも切り返す、上下に行って来いの展開となった。先週末の暴落の半値戻しとなる82.5万円水準を抜け、上げ足を早めたBTC相場だが、NHKの日曜午後のニュースでBTCが取り上げられた事もあり90万円トライするも失敗。一旦、85万円台に値を下げるも、月曜朝のニュースに再び登場、米60minutesでもBTCが採り上げられた事もあり90万円台乗せに成功した。しかし、仮想通貨に詳しい米チェビンスキー弁護士が、注目のVanEck分のETFが1/4の確率で否認の可能性を指摘した事が伝わると反落を見せるも、85万円近辺ではサポートを割り込むと83万円台まで値を下げた。しかし、BitMEXのアーサーヘイズCEOが今回の強気相場は本物としたこともあり下げ止まると、SECが前出のETFを延期したとの報で89万円台に値を戻している。

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。