Bitwise分のETF可否判断延期。VanEck分の発表は【朝の仮想通貨市況】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

ビットコイン/円の市況概要図

Review

XRPが牽引

昨日のBTC相場は90万円にタッチするも反落、いわゆる上に往って来いの展開となった。Bakktの前進、BitfinexのIEO成功、更に米中貿易戦争激化により米株が今年2番目の下げを見せる中86万円台に乗せたBTC相場だが、CNBCが株式相場と相関の低いBTCがヘッジ資産として台頭したと報じた事もあってか90万円をトライ。話題のカンファレンス、コンセンサスでSEC高官が米国でのIEO販売は違法の疑いがあるとすると反落した。同会合でスタバを含む15社で仮想通貨決済受入と発表されると下げ止まり、CoinbaseのNY州での取扱い開始など好材料が続いたXRPが循環物色もあり急騰、BTCも90万円に乗せた。しかし参議院で仮想通貨税制変更予定はないとされ、bitFlyerで延期されていたレバレッジ倍率引き下げが5/28とされると上値を重くし、米株の反発やSECがBitwiseのETF可否判断を延期が伝わると83万円台まで値を下げている。

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。