週末に1000ドル以上上昇、ビットコインに何が起こった?【朝の仮想通貨市況】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

ビットコイン/円市況相関図

Review

アジア時間主導

週末のBTC相場は急上昇。レジスタンスと見られていた6000ドル水準を超えるとショートカバーを誘発し7000ドル水準まで急騰を見せた。テザー問題やハッキング問題と言ったネガティブな材料にもかかわらず堅調さを見せていたBTC相場は新たな仮想通貨ETF申請やSECのヘスター委員の発言もあり堅調に推移、6000ドル(66万円)水準を上抜けると70万円近辺まで上昇。土曜日には、BTCの上昇について行けなかったアルトコインが上昇、またこのところショートが増えていたBitfinexでスクィーズが起こると75万円近辺まで上昇した。その後、75万円近辺でみ合うも、アジア時間に入ると本邦交換所の証拠金取引で現物価格との乖離が発生すると現物価格も86万円まで値を飛ばすも76万円へ反落。再び上値をトライするも7000ドルの壁は厚く反落したが、Binanceの入出金再開の報もあり底堅さを見せている。

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。