米中閣僚級会合開始、仮想通貨相場への影響は?【朝の仮想通貨市況】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

Review

6000ドル台乗せる

昨日のBTC相場は堅調な推移。6000ドル(約66万円)に乗せた後、反落するも、その後67万円台に突入している。Binanceのハッキング騒動で62万円台に急落したが、同社の素早い対応もあって下げ止まると、今度はその際に作成された俄かショートポジションの巻き戻しもあり、レジスタンスだった6000ドルの水準に乗せた。この値動きに関し元GSのノボグラッツ氏はCNNのインタビューで「強気相場では悪いニュースでも消化できる」とし、2年後に過去最高値2万ドル超えを予想した。その後、黒田日銀総裁は仮想通貨はほとんど投機の対象だとしたが、クリプトママことヘスター委員がSECは急ぐべきとした事などもあり67万円に乗せている。

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。