なぜハッキングされたリップル(XRP)は上昇したのか?【朝の仮想通貨市況】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

Review

ハッキング騒動でXRP乱高下

昨日のBTC相場は揉み合い推移。85万円近辺で上値の重い展開を続けると、80万円台に値を下げるも84万円近辺に値を戻している。水曜日に80万円台へ下落も反発を見せていたBTC相場だが、その後は目立った材料が無い中、狭いレンジでの取引を続けていた。そうした中、ECB理事会後の会見でドラギ総裁が利下げの可能性を示唆、欧州株が切り返すとじりじりと値を下げる展開。FRB議長発言と同様、緩和発言はリスクオンとで逃避需要後退ととられたか。するとGateHubという交換所で9億円相当のXRPがハッキングに遭い、既にミキシングサービスで他に送金されてしまったことが判明。このニュースでXRPは上昇、下落、上昇を繰り返した。金額が小規模で、ハッキングされたショックと償還用の買いが入るとの思惑が交錯したか。SendFriendやSCBなどxRapid利用活発化の報やリップル社のスイス子会社設立など好材料が続いたことも最終的に値を上げた背景にあるか。

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。