香港でデモ隊強制排除。ビットコインへの逃避需要は続くか?【朝の仮想通貨市況】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

Review

香港デモの影響か

昨日のBTC相場は堅調な展開。下値で底堅さを見せると切り返し、レンジを若干上抜けた。週末のG20後の失望売りから値を戻すも、材料難もあり上値の重い展開を続けていたBTC相場だが、韓国ウォンや人民元が小高く始まった事もあり朝方は軟調な展開。しかしBittrexの少額IEOが成功した事もあってかBinance Coinが堅調に推移、またウォン安、元安方向に相場が振れると87万円台へ急反発、香港のデモ隊が金融街にも進出した事もありHSBCなど一部金融機関に休業が出て、香港株が急落した事も影響したか。その後、香港議会が延期され事態は落ち着きを見せるかと思われたが、今度は香港当局が催涙弾を打ち込み強制排除に乗り出すと、BTC相場は一旦は下押すも逃避フローの連想から底堅く推移すると、ここ数日のレンジの上限87万円台を上抜けると、90万円近くまで急騰。しかしここまで大きく上昇していたLTCが1割近い反落を見せるとBTCも上値を重くした。

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。