ビットコインはフライング気味か。上昇の背景と今後の展開【朝の仮想通貨市況】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

Review

TRON騒動

昨日のBTC相場は堅調な推移。120万円台前半で揉み合っていたが、午後に入り130万円手前まで急反発、更に今朝方その水準を上抜けると6月29日の戻り高値134.5万円をトライしている。目立った材料もない中、揉み合い推移を続けていたBTC相場だが先週末の米雇用統計が良好だったにも関わらず120万円割れで反発するなど底堅さを見せていた。TRONを騙る詐欺事件の被害者が同社北京事務所に抗議に集まり、同社が呼んだ警察の映像が拡散される中、TRONが急落によるBTCへの逃避買いもありショートカバーを誘発、130万円手前まで急騰した。その後、中国人民銀行の王氏がリブラの登場が独自通貨開発を急がせるとして国務院からCBCDの開発許可を得ている事を明らかにし、またSoftBank傘下のファンドFortressがMt.Gox債権者の債権を1BTCあたり900ドルで購入するとしたこともあり先月29日に付けた134.5万円をトライしている。

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。