ビットコインは反落したが、まだ上を見ている理由。【朝の仮想通貨市況】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

Review

今朝方急落

昨日のBTC相場は上に行って来いの展開。150万円から105万円の半値戻し127.5万円の手前125万円の水準で上値を重くしていたが、これを上抜けるとレジスタンスがサポートとなったが、今朝方割り込んだ形。米10年債がクリアに2%を割ったこともあり110万円台に値をもどしていたBTC相場だが、トランプ大統領のドル売り介入示唆もあり120万円台まで反発していた。しかし、その水準では英個人向けデリバ商品規制やリブラ中止要請に対し、BTCサイドチェーンでのアトミックスワップや世界初のBTC建て起債など硬軟材料が交錯したが、香港のデモ隊の過激化と鎮圧は警察の自作自演という見方が拡散、125万円を上抜けると130万円を伺う動きとなった。しかし、目立った材料がない中上値を重くしていたが、独10年債が-0.4%を割り込み政策金利まで下回ると若干値を戻した。祭日だった米州時間は動意がなかったが、日本時間に入り125万円を割ると値を下げている。

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。