ビットコイン反発。今回のディップが浅かった理由。【朝の仮想通貨市況】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

Review

半値戻し超える

昨日のBTC相場は大幅反発。105万円で反発すると120万円台まで急反発、今回の反落の半値戻しとなる127万円を前に上値を重くしたが、今朝方その水準も上抜けている。米中貿易戦争の一時停戦や香港デモ沈静化で香港株も上昇に転じた事もあり1万ドルを割り込んだBTC相場だが、国内大手交換所の口座開設再開なども好感され、今回のピークから3割押した105万円で切り返した。Bitfinexがテザー社に返済した事やECB総裁に推進派のラガルドIMF専務理事が内定したことなども好感されたか120万円近辺まで急騰したが、全米各地でリブラに中止を求める声が広がり、日本でも麻生大臣が対応を詰めるとしたことや英当局が個人向けデリバ販売を規制するとしたことなども嫌気され上値を重くした。しかし、米利下げ期待から米株が最高値を更新、米10年債もクリアに2%を下回ると底堅く推移、香港の立法府乱入後の警察会見に録画疑惑が出回ったこともあり値を上げている。

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。