FOMC待ちで動意の薄いビットコイン相場。利下げ幅に注目か【朝の仮想通貨市況】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

Review

リブラは実現しないかも?

昨日のBTC相場は横ばい圏での揉み合い推移。米FOMCを控え、100万円から106万円の狭いレンジでの取引が続いている。月曜日の朝方に一時100万円を割れるも急反発、この水準での押し目買い意欲の強さを確認したBTC相場だが、一方で105万円台では跳ね返され上値の重さを確認した。その後、Bitfinexの判決が90日延期されたことで上下する局面も見られたが、トランプ大統領の大幅利下げを求めるツイートやサークル社CEOの証言内容などもあり、市場の関心は米公聴会やFOMCに移っていった。そうした中、FB社がSECに提出した書類の中でリブラは実現しない可能性があるとされたこと、日銀政策決定会合で追加緩和が見送られたことも有り若干値を下げた。しかしSBIの決算発表でリブラから話は来ているとされた事、トランプ大統領の突然の中国批判などもありじりじりと値を上げ、注目の米公聴会が波乱なく終了すると106万円を付けるが、上値を重くしている。

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。