ビットコインは一時100万円割れ。それでも強気な理由。【朝の仮想通貨市況】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

Review

リブラはMITのコピー?

週末のBTC相場は上値の重い展開。土曜日に上値をトライするも反落すると。今朝方100万円を一時割り込んだ。ECB理事会における利下げ示唆あるも、出来高の減少などで上値の重い展開を続けていたが、腎結石でバフェットランチを延期していたジャスティン・サン氏が前日にサン・フランシスコでパーティーに出席していたことが判明、当局による圧力説が裏付けられる形となったこともあり、一時105万円を割り込んだ。しかし国内大手ネット証券の傘下交換所の黒字化やリブラ参加申請もあり持ち直すと、BakktがNY州の承認待ちも3Qが本命との記事もあり111万円台に急騰。しかし、記事では3Q開始を疑問視する指摘しており、また米歳入庁が1万人に納税を促したことなどもあって上値を重くすると、リブラはMITの論文のコピーとの記事もあり100万円手前まで急落、今朝方、一時100万円を割り込み、急反発している。

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。