反発するも上値が重かったビットコイン。ここからどうなる?【朝の仮想通貨市況】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

Review

バフェットとのランチは延期?中止?

昨日のBTC相場は小反発。103万円台で反発を見せ、ここ数日の下降チャネルからの上抜けを印象付けたが、110万円近辺では上値の重さを見せつけた。VISA CEOの梯子外し、米上院公聴会、更にムニューシン財務長官の強いドルとBTCを買うつもりは無いとした発言なども嫌気され103万円台まで下落していたBTC相場だが、FB社のザッカーバーグ氏CEOがリブラに関するすべての懸念に対処するとコメントすると値を戻し始め北朝鮮のミサイル発射も影響したか110万円まで反発を見せた。STOに絡むETHの買いが主導したとの指摘も見られた。注目を集めたバフェット・ランチを病気を理由に延期したTRON創設者のサン氏が過剰宣伝だったと「当局」に中国語で謝罪すると上値を重くしたが、注目のECBでフォワードガイダンスを下方修正、利下げに前向きな姿勢を見せるもリセッションのリスクは低いとしたことが金利上昇・金価格下落を呼び、BTCも値を下げている。

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。