ビットコイン上昇を支えた日米中のフロー、今後の展開は?【朝の仮想通貨市況】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

Review

債務上限見直し、ボリス・ジョンソン勝利

昨日のBTC相場は比較的落ち着いた展開の中、やや上値の重い展開となった。週末の香港デモでも大きな買いは見られず、本邦参議院選挙で推進派の藤巻議員が落選するなどアジアからの買いが期待できない中、上値を重くしたBTC相場だがリブラに対する英議会の調査の意向などが伝わると値を落とした。腎結石のためバフェットとのランチをリスケしたサン氏が中国から出国できなかったとの噂も上値を重くしたか。BakktのUAT(ユーザー受け入れテスト)開始もあり1万ドルレベルでサポートされたが、目立った材料ない中、アジア時間の午後になると1万ドルを割り込んだが、サン氏がサンフランシスコにいることが判明、安堵感が出た事、BaFinがETHベースの300億円相当のSTOを承認、またハードブレグジットも辞さない強硬派ボリス・ジョンソン氏が英首相となった事などもあり反発を見せているが、債務上限見直しで合意した米債金利が若干上昇する中、上値の重い展開となっている。

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。