ビットコイン、週末動かず、週明け値を下げた理由【朝の仮想通貨市況】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

Review

週末は動意薄、週明け下落

週末のBTC相場は比較的落ち着いた展開の中、底堅い動きを見せていたが、週明けは昨日から今朝にかけて上値の重い展開となっている。先週のG7でリブラへの期待が後退するも100万円近辺の底値の堅さを確認すると115万円近辺まで大きく反発していたBTC相場だが、証拠金最大手BitMEXにCFTCの捜査が入っているとの報に110万割れまで値を落とした。しかし米調査会社FundStradよりBakktの開始が今四半期との予想もあり持ち直すとBinanceの証拠金の日本人への開放、FidelityのNY州トラスト免許申請といった材料もあり上昇、しかし120万円手前で上値の重さを確認すると、韓国での仮想通貨関連被害が23億ドルに達したとの報もありじりじりと値を下げた。香港情勢の悪化で若干買い戻されるも、仮想通貨推進派の藤巻氏の落選もあり下落に転じると、英国会でもリブラを調査する意向が伝わったこともあり一時110円を割り込んだ。

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。