ビットコイン急反発のきっかけとリブラとの関係は?【朝の仮想通貨市況】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

Review

やはり調整は一巡していた

昨日のBTC相場は堅調な展開。100万円近辺の底値の堅さを確認すると115万円近辺まで大きく反発した。米上院公聴会でのリブラに対する集中砲火などから100万円近辺まで値を下げていたBTC相場だが、G7で議長国である仏財相がリブラに対する懸念を共有すると発言したことも有り一時100万円を割り込んだ。しかしその水準で押し目買い意欲の強さを確認すると反発をはじめ、上院に続き下院の公聴会も厳しいものとなったが影響は限定的にとどまった。しかし、残るイベントであるG7で10月までに規制の最終報告が出されることとなり、議長国総括にリブラは通貨主権と国際通貨システムに影響を与えると明記され、またムニューシン財務長官がBTCをスイスの匿名銀行口座の様なものにさせないと発言したことも有り再び下値をトライするも100万円でサポートされ、ヘッドアンドショルダーのネックラインを抜けると一気にショートカバーを誘発した。

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。