ビットコインの調整は一巡した?していない?【朝の仮想通貨市況】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

Review

NYダウ最高値

昨日のBTC相場は続落。一時120万円まで下落し、今週に入っての上昇分を打ち消した。米中貿易戦争の一時停戦や強めの米雇用統計を受け若干揺らいだ7月末利下げシナリオがFRB議長の議会証言で確証されるとの思惑もあり143万円まで上昇していたBTC相場だが、実際にテキストでほぼ確実となり米債金利が低下、ドル売りとなる中、事前に買われすぎたせいかBTC相場だけ反応できずにいると、議長のリブラへの懸念発言をきっかけに急落を始めた。半値押しとなる125万円近辺で一旦反発するも130万円で上値を重くすると121万円まで下落したが、Binanceの証拠金取引開始や本邦交換所の大型増資などもあり落ち着きを取り戻した。FRB議長の2日目(上院)の議会証言やトランプ大統領が中国がっかり発言には反応薄だったが、NYダウが最高値を更新、米債金利が急上昇すると、Twitterのシステム障害も影響したか、値を崩し、一時120万円を割り込んだ。

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。