なぜビットコインはFRB議長議会証言で売られたのか?【朝の仮想通貨市況】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

Review

議会証言はSell on the Factだった

昨日のBTC相場は上昇、急反落、そして反発する荒っぽい展開。結局、131万円台から143万円まで上昇、125万円まで急落して、131万円台に値を戻す、上下に行って来いの展開となった。10万円幅で上下を繰り返しながらレンジを切り上げてきたBTC相場だがポーランドでの不可解な交換所閉鎖などもあり一時131万円台まで値を下げていた。ゴールドマンサックスが仮想通貨関連求人を開始、1億テザーの追加発行、FRB議長の議会証言への期待感もあり140万円台に乗せると143万円まで上昇。日本時間21時半に議長証言のテキストが公表され、米中貿易戦争で設備投資が減退するので予防的利下げが必要とのロジックに7月末利下げがほぼ確定とみて金利が低下、ドル売り、金価格は上昇したがBTC相場は反応できず、質疑応答でリブラに深刻な懸念が表明されると131万円へ急落。FOMC議事録後も値を下げ朝方125万円台を付けるも131万円近辺まで反発を見せている。

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。