100万円回復後、狭いレンジのビットコイン。次の材料は?【仮想通貨相場】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

Review

100万円がサポートに

昨日のBTC相場は堅調な展開。朝方100万円台乗せに成功した後は102万円台で上値を重くしたが、一方でレジスタンスであった100万円がサポートとして機能し、底堅い値動きを続けている。新型肺炎問題から世界景気への悪影響が懸念され堅調に推移していたBTC相場だが、一昨日に200日移動平均線を上抜けると100万円の大台を前に上値を重くするも同レベルがサポートとして機能し底堅い展開。米州時間は米株も米金利も反発したこともあってか上抜けできずにいたがアジア時間に入ると100万円を突破した。その後は2018年後半の相場下落を的中させたBitMEX CEOアーサーヘイズCEOが相場の急落を予想するなど高値警戒感が燻る中、上値を重くしたが、一方で野村総研が投資家参入に向け仮想通貨インデックスを開発するなど好材料もあり100万円がサポートとなり狭いレンジでの取引。米FOMCを受け米金利が低下したこともあり再び上値をトライしつつある。

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。