上値が重く下値は堅いビットコイン、どちらにブレークする?【仮想通貨相場】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

Review

上値を抑えられる

昨日のBTC相場は高値圏のもみ合い。97万円台で上値を抑えられる一方で、下値もじりじりと切り上げている。BSV・BCHの上昇もあって週明けに90万円を突破したBTC相場だが、BSVの暴騰やDifficultyが史上最高を記録こともあり97万円台、米ドルで8900ドルに達した。しかし異常な上昇で相場を牽引したBSVが反落に転じると93万円台まで下押しした。しかしロシアでメドベージェフ首相が退任するとロシア国内のBTC価格にプレミアムが発生、再び上値をトライした。しかしBitwiseのETF申請取り下げや米大統領弾劾案の下院可決もあり上値を重くしたが、米株が史上最高値を更新する中、再び97万円台を付けた。しかしここで上がり切れずにいるとBinanceの日本へのサービス停止やBSVへの仮装売買疑惑もあり再び上値を重くしたが、NYダウが史上最高値で高値引けする中、底堅い推移を見せている。

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。