BSVの上昇は一服したが…ビットコイン相場はどうなる【仮想通貨相場】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

Review

BSV上昇一服

昨日のBTC相場は高値圏のもみ合い。じりじりとレンジを切り上げるも、節目となる200日移動平均線や100万円を前に足踏みを余儀なくされた格好。Bitcoin.comのトークン発行やクレイグ氏がサトシだった可能性などが材料視されたBCHやBSV主導で週明けの仮想通貨相場が全面高となる中、90万円を突破していたBTC相場だが、思惑買いでBSVが異常な上昇を見せる中、フィデリティの欧州進出等もあり96万円台に乗せていた。米株の反落で一旦上値を重くするが、昨日の朝方に更にBSVが急騰。またBTCのDifficultyが過去最高を記録する中、97万円台に連れ高となった。しかしBSVの上昇が一服すると反落を始めたが93万円台でサポートされると、米時間には米中第一段階合意への署名を控え米株が史上最高値を更新、同時に金価格も上昇する中、BTCも上昇を見せたが、上値の重さを見せている。

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。