BSVがBCHを抜いた背景とビットコインの上値の目途【仮想通貨相場】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

Review

BSV、BCHを抜く

昨日のBTC相場は続伸。週末に上値を重くしていた90万円台を抜けると96万円台まで上昇、100万円の大台が視野に入る展開となった。週末はBitcoin.comの取引所トークン発行などもありBCHが上昇、BTCもつれ高となるも90万円を前に足踏みしていた。しかしCEOがTwitterの投げ銭機能検討の報にBTC使用の期待が高まり、また中国を為替操作国から解除するなどリスクオン的な流れの中、BCHやBSVが再び上昇を主導すると94万円台まで上昇。金融庁の仮想通貨関連法案の内閣府令公表もあり一旦上げ止まったが、自称サトシのクレイグ氏が裁判で提出した書類で同氏のBTC大量保有を裏付ける書類が出たことで同氏がサトシだったとの思惑からかBSVが急騰、時価評価でBCHを抜くとBTCも連れ高、フィデリティの欧州進出やCNBCでの年内ETF承認6割予想などもあり96万円台まで上昇、足元ではBSVの再上昇に再び上値を窺う展開となっている。

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。