著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

Review

ドル建て史上最高値更新

週末のBTC相場は堅調な展開。円建てに続き、ドル建てでも史上最高値を更新、6万ドルも上抜け、670万円まで上値を伸ばして、若干反落している。米追加景気対策が成立、今週にも1400ドルの給付が始まるとされる中、630万円と円建てで史上最高値を更新していたBTC相場だが、米ドル建ての高値更新を前に上値を重くしていた。海外時間に入ると米長期金利が直近の高値を抜けて上昇したことを嫌気し600万円近辺に値を落としたが、MicrostrategyのBTC追加購入や米株が上昇して始まったこともあり切り返した。再び、620万円台で上値を押さえられていたが、Valkyrie Digital AssetsがMicrostrategyやテスラなどBTC購入企業株を集めたETFの目論見書を提出したと伝わったこともありじりじりと値を上げた。その後、3度目のトライで22日に付けたドル建て高値58,350ドルを抜けると、6万ドルワンタッチに成功した。その後、更に61000ドル台(670万円台)まで上値を伸ばした後に反落したが、今度は6万ドル割れではサポートされている。

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。