週末小動きだったビットコイン、今後どうみるべきか【仮想通貨相場】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

仮想通貨市況

Review

100万円を死守

週末のBTC相場は底堅い展開。金曜日に年初来高値を更新した後は上値を重くしているが、一方でレジスタンスであった100万円がサポートとして機能し、底堅さを印象付けている。金曜日にWHOが新型肺炎で緊急事態を宣言、米株などが切り返すとBTCも年初来高値を更新したが、104万円台で失速すると、ポジション調整もあってかCMEの1月限最終取引日に向けじりじりと値を下げる展開。しかし100万円でサポートされると、木曜日に年初来高値を更新して大きく値を上げていたLTCが70ドル台に値を伸ばす中、BTCも連れ高となった。その後は目立った材料もない中、102万円前後でもみ合いとなるが、日曜日にLTCやBSVなどが反落すると100万円を一瞬割り込んだ。しかし、その水準からシャープに切り返すと、今度は出遅れていたXRPに買いが入るとBTCも102万円台へ値を戻している。
 

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。