再び乱高下のビットコイン、何が起こっているのか?【仮想通貨相場】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

Review

サポートを割り込む

昨日のBTC相場は上下に大きく振れる荒っぽい値動き。78.5万円のサポートを割り込むも、84万円まで急反発、しかし78万円近辺まで反落と、終わってみれば小幅安の展開となっている。このところ米中貿易問題に対して緊張緩和は買い、交渉決裂は売りで反応するように変化してきたBTC相場だったが、一昨日のトランプ大統領の合意は大統領選後でもいいとの発言やロス商務長官の15日に関税引上げるとの発言への反応は限定的だった。しかし米下院が香港に続きウィグル人権法案を可決、中国が猛反発すると交渉への影響を危惧したかBTCは下落、遂に78.5万円を割り込んだ。しかし、米中合意近いとのBloombergの報道や国内大手交換所のBSV現金配布方針などもあり下げ止まると大統領の協議はうまくいっているとの発言や弱めの米指標などもあり84万円までのショートカバーを見せた。しかし、この水準で買いが続かないと再び80万円割れ水準までの急落を見せている。。

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。