金曜日は上昇したが、、、ビットコインの失速をどう考える【仮想通貨相場】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

仮想通貨市況

Review

最終金曜日は上昇したが

週末のBTC相場は上に行って来いの展開。金曜日には順調に86万円台まで上値を伸ばし弱気相場脱出をイメージさせたが、週末は80万円割れまでズルズルと値を下げ、楽観的見方を打ち消した。先週、71万円から80万円、75万円から84万円とシャープな切り返しを見せていたBTC相場だが、その間に急増した7500ドルストライクの影響もあり80万円台に値を下げていた。そのオプションが大量に期日を迎えるとじりじりと値を上げ始め、CMEの11月限の最終取引時間に向け86万円の高値を付けた。出来高が急増するBakktのCEOが来年の選挙までに上院議員に指名されるとの報道もポジティブに働いたか。しかし、上昇は続かないと見るや利食い売りに押され始め、またFBIがイーサリアム財団のリサーチ・サイエンティストが北朝鮮に渡航し経済制裁回避手段を教えた廉で逮捕、大統領はケリーCEOの就任に否定的とされたこともあり、80万円割れまで値を下げている。
 

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。