いよいよ決戦を迎えるビットコイン、どちらに振れやすいか?【仮想通貨相場】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

Review

様子見か

昨日一昨日のBTC相場は横ばい圏での推移。今朝方、若干のショートカバーを見せたものの、クリスマス休暇中はほぼ無風の状態となった。84万円まで上昇後、反落していたBTC相場だが週末のイベントを前に小動きとなっていた。特に欧米市場が休暇となる25日は殆ど動意を見せなかった。一方で、国内交換所では、KYC簡素化や信用取引の中止、新規口座開設再開、証券会社による出資など様々な動きが見られたが、相場に与える影響は限定的だった。今朝方は78万円台から81万円台にショートカバーを見せたが、先日のETHの大口送金が詐欺グループによるものではなかったことが判明、またOKexによるオプション取引試験開始、一方で四川省の地方政府がマイナーに対し冬季の電力制限などが材料視されたが、これも影響は限定的か。このところ米株動向と順相関を見せていたBTC相場だが、休暇明けの米株が引けにかけ急騰したがこれにも反応できていない。

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。