値を戻したビットコイン、クリスマスプレゼントはあるか?【仮想通貨相場】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

仮想通貨市況

Review

コインチェック事件捜査で進展

週末のBTC相場は底堅い展開。77万円近辺で底値を固めると、今朝方81万円台までの急騰を見せている。先週、70万円台から81万円までの急反発を見せたBTC相場だが、中国の詐欺グループのアドレスから110億円相当のETHが移動されたことやIBMと東大が量子コンピューター実用化で提携したといった報道もあり77万円近辺まで値を下げていた。Bitfinexがクレジットカードでの仮想通貨購入を認めたことリップル社の2億ドルの資金調達などもあり底を固めると若干値を上げるたが、BTCと米短期証券に投資するウィルシャー・フェニックス申請のETF判断をSECが2月に延期したこともあり79万円を前に上値を重くした。週末には朝日新聞がコインチェック事件で盗難されたNEMの換金に携わった関係者を立件との報もあり再び底堅さを見せると、今朝方、79万円を上抜けショートカバー気味に81万円台までの反発を見せている。

Outlook

続きはこちら

 

 

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。