イベント終えたビットコイン、今年最後の山場到来か?【仮想通貨相場】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

仮想通貨市況

Review

80万円が遠い

週末のBTC相場は上値の重い展開。週末に若干の戻りを見せたが、結局80万円に戻せず失速、しかし7000ドルは割れず、どっちつかずの展開が続いている。米FOMC・英総選挙・米中関税引上げ期限といったイベントをこなし、最終的には米中合意期待でリスクオンの買いに傾いていたBTC相場だったが、英保守党が勝利し米中第一段階合意が伝わると、当初はNYダウが史上最高値を更新するなど市場はリスクオンで反応するも、その後はSell the Fact気味に反落する展開、BTC相場も80万円手前で失速すると上値を重くし始めた。トランプ大統領の弾劾が下院司法委員会で可決したことやカナーンのADS(預託証券)が11月20日の上場から4割下落したことなどもあり、更に上値を重くすると、ずるずると76万円台まで値を崩した。しかし、7000ドルを前に下げ止まるとフィデリティ子会社がETH取扱いに前向きな姿勢を示したこともあり、下げ止まりを見せている。
 

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。