ビットコイン相場、一旦ピークアウトか。その背景は?【朝の仮想通貨市況】

著者 松田康夫(まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

Review

人民元安は続かない

昨日のBTC相場は上に行って来いの展開。12000ドルに成功するも、その水準を維持することに失敗した形。トランプ大統領のツイートにより米中貿易戦争が再開、これに対し中国が元安容認姿勢を見せると、米国は同国を為替操作国に認定、これを牽制した。こうした対立の激化と通貨安競争を嫌気(好感?)したBTC買いが続く中、12000ドル手前で一服すると、操作国認定後の中国の動向に注目が集まった。元の基準値が前日比ほぼ横ばいに設定されると、行き過ぎたリスクオフポジションの巻き戻しがドル円・日経などに入り、BTC相場も上値を重くしたが、これが一巡すると12000ドルトライに成功。しかし、中国当局から為替操作はしていないし元安も続かないとすると上値は一服、リブラに対する先進各国当局の共同声明もあり反落すると、クドロー米国家経済会議議長が大統領は協議を望むと関税引き上げ猶予に含みを持たせるとBTC相場も120万円近辺へ値を下げている。

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。