ビットコイン急落の背景と洪水の影響【朝の仮想通貨市況】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

Review

洪水の影響は一過性?

昨日のBTC相場は軟調な展開。トランプ大統領の大幅利下げ要求やサミットでの共同声明見送り、イタリア首相の辞表提出など金融市場が混乱する中、堅調に推移していたBTC相場だが、11000ドルトライに失敗すると、ジャクソンホールでのパウエル議長講演やG7サミットを前に上値を重くしていた。ポンぺオ米国務相がBTCへの規制を口にし、EUが独禁法違反でリブラの調査を開始ししたことも影響したか、ディーカレットが仮想通貨から電子マネーへのチャージを開始した事への反応も限定的だった。そうした中、SNSで四川省の洪水によりマイニングが被害を受ける映像が出回ると急落、海外時間に入ると一時10000ドルを割り込んだ。しかし、洪水の被害は昨年ほどでなくハッシュレートの低下も限定的で、またテザーがオフショア人民元ペッグのステーブルコインを発行するとしたことで持ち直したが、FOMC議事録で前回利下げを保険としたこともあり上値も重くしている。

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。