循環物色に一巡感。買い材料も見当たらず。【朝の仮想通貨市況】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

Review

60万円再トライ

昨日のBTC相場は堅調な展開。ETHの上昇もあり60万円を再トライするも、アルトコインの失速もあり跳ね返された格好。Bloombergによる買われ過ぎ報道などもあり55万円割れまでのディップを見せたBTC相場だったが、イーサリアムクラシックの上昇やTRONとの協力観測でETHが2万円台を回復すると、BTCも連れ高となり60万円を再トライする格好となった。しかし、アルトコインが総じて反落する中、前回高値手前で上値を重くすると、MIT technology reviewによるSECの証券該当性のガイダンスはこれまでの繰り返しに過ぎないといった報道やコールドウォレットを巡る疑惑のカナダのQudrigaCXが結局、破産手続きに入るなどネガティブなニュースもあってか上値を重くしている。

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。